• ホーム
  • 診療・支援のご案内
  • 医療部門(リハビリテーション)

医療部門(リハビリテーション)

医師の指示のもと、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフが、リハビリテーションを行います。

訓練内容

理学療法(PT:Physical Therapy)のご案内

お子さんのこんな事が気になっていませんか?


運動発達がゆっくり・運動が苦手で心配…
・他のこどもよりも運動発達がゆっくりなのでは
・歩き方が不自然、よく転ぶ
運動機能に障がいがあって心配…
・運動発達がゆっくりで心配
・歩き方が不自然で転びやすい
・体がかたくなったり、変形したりしないか心配
・痰が上手に出せなくて苦しそう
・車椅子を作りたい
・装具が小さくなった

こんなときは理学療法士にご相談ください!!

●理学療法って何をするの?

理学療法では、生まれつきの病気や生まれてからの病気・事故によって、座れない・立てない・歩けないなど運動機能に障がいのあるお子さんや、運動発達がゆっくりなお子さんに対し動作の発達を促し、運動機能の改善を図る治療を行っています。また日常の生活をより過ごしやすいものとするために、補装具や座位保持装置、車椅子などの作製をしていくことも理学療法の役割の一つです。
さらに私たち理学療法士は、理学療法を行うことだけでなく、お子さんを取り巻く環境に対して支援していくことが大切であると考えています。そこで、ご家族の方へお家での接し方を分かりやすく指導するよう努めるとともに、お子さんの通う園や学校とも連携をとり、地域全体でお子さんを支援できるように考えています。

●スタッフからのメッセージ

「リハビリ訓練」というと、お子さんやご家族が一生懸命頑張らなければいけないというイメージがあるかもしれません。でも、運動発達がゆっくりだったり、運動機能に障がいがあったりするからといって、他のこどもたちよりも頑張らなければいけない理由はありません。お子さん本人が楽しく、そして動作の発達を促せるような理学療法の提供ができるよう、私たちスタッフは心がけています。
お子さんとご家族が毎日を快適に、楽しく過ごすことができるよう、一緒に考えていけたらと思っていますので、お気軽にご相談ください。

作業療法(OT:Occpational Therapy)のご案内

色々な活動につまづき・支障があるお子さんに対して、感覚・運動・認知・環境の視点からそのお子さんの特性をとらえ、遊びを通しての発達を支援していきます。

また、ご家庭や保育園・幼稚園・学校などでの援助方法や対応方法を一緒に考えていきます。

現在来所されているお子さんの疾患例

自閉症 脳性麻痺 ダウン症候群
広汎性発達障害 てんかん症候群 その他の染色体異常
注意欠陥多動症候群 二分脊椎 発達性協調運動障害
アスペルガー症候群   精神運動発達遅滞

※OTの対象に疾患の制限はありません

支援内容例

言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)

お子さんのこんなことが気になっていませんか?
・ことばが遅い、はっきりしない
・ほかの子どもとうまく遊べない
・伝えたいことを言い表すことが難しい
・落ち着きがない
・発音がおかしい
・どもってしまう
・こちらの言うことがよくわかってない
・読み書きが苦手

言語聴覚療法では、コミュニケーションや社会性の発達を促す支援をしていきます。
子どもたちが楽しいと感じている時にはいろいろなことに興味を持って「見たり」「聴いたり」し、ことばへの注意を向けることができます。お子さんにとって楽しい時間を作りたいと考えています。

ことばがわかる基礎作り
・ものやことばの違いに気づくように「見る・見分ける力」「聴く・聴き分ける力」をのばす
・見る・触る・体を動かすなどの経験を通して、そのものの特徴を知る
・楽しむことのできる遊びを増やし、興味の幅を広げる
発音
・吸う・吹くなど息の調節の仕方や、口や舌の動かし方の練習をする
・正しい音の出し方を覚える
コミュニケーション
・人とかかわる楽しさを知る
・人の話や動きに注意を向ける
・伝えたいことを表現する
・困っている時に助けを求めることができる

お子さんのことばや友達とのかかわり、集団での行動など気になることがありましたら、ご相談ください。

利用案内

リハビリテーション開始までの流れ

★外来日:火曜日~土曜日(祝日・年末年始を除く)

★外来時間:9時~17時10分(予約制)1回40分(作業療法:初回60分)

1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠 9枠
9:00~9:40 9:50~10:30 10:40~11:20 11:30~12:10 13:10~13:50 14:00~14:40 14:50~15:30 15:40~16:20 16:30~17:10

お電話によるお問合せ

こども発達センター 相談部門

電話受付 0532-39-9200 FAX 0532-47-0911 【受付時間】火曜日~土曜日 午前8時30分~午後5時15分 【休館日】月・日曜日、祝祭日、年末年始は休館(詳しくはお問合わせください)